🌸古川瑞記くん 東京芸大に合格しました。


板谷門下では、今年ただ1人の音大受験生だった古川瑞記くんが、東京芸術大学に現役合格!を果たしました。


古川くんがレッスンに来始めたのは、彼が中2の夏。

出会いは、私が出演した「クレイジー・クラシックス」のコンサートの、本番後のサイン会でした。レッスンノートを見返すと、初回レッスンの覚えがきは「ヒンケ(エチュードの名前)買うこと」「吹く前は、歯磨き!」「リードのなかは小羽根で掃除ー!!」(笑)。初めて臨んだ発表会での演目は、「ホールニューワールド」と「千の風になって」でした、カワイイ(^^♪ この頃は、口が痛いとか、指の位置が直らないとか、なかなか大変だったねぇ。笑笑 

 あれから4年半。。色々ありましたが、へこたれない性格で着実に練習を積み上げて引き出しも増やして、芸大に合格するところまで(手は掛かりましたけど 笑笑)しっかり成長してくれました。ホント感無量です。            



先日、ご両親と一緒に合格のあいさつに来てくれた時に今の気持ちを聞いたところ、「ワクワクしている」とのこと。私も、彼がこれから東京藝大という厳しいけれど恵まれた環境でどれだけの成長を遂げてくれるかを、ワクワクしながら見守っていきます。

頑張れ!!瑞記!!








​