クラリネット オーディション・プロフィール写真

先日、広響クラリネットのオーディションがありました。応募多数で、2日間に渡る審査でした。1日目の一次も2日目の二次もレベルの高い演奏が続き、選ばなくてはならない立場としては とても悩みました。それぞれの方が、人生をかけてオーディションに挑むエネルギーに刺激も受けました。数十人の中からたった一人に選ばれる為には何が必要なのか、何が紙一重の差を生み出すのか、普通の演奏会とは違い比較対象があるなかで残っていくために重要な要素は何か・・ずっと考えていたので、私なりに気づいたことを、今からのオーボエのレッスンに反映していきたいと思います。7月24日、25日には、広響オーボエのオーディションがあります。

そして、この春エリザベト音大を卒業した板谷門下の木本さんがプロフィール写真を持っていないというので、師弟揃って一緒に撮影に行ってきました。一人づつの写真を撮ってもらった後、カメラマン・青野氏が、「せっかく一緒に来たんだから」と 二人の写真も撮ってくれたので載せてみました。

一人づつで撮ってもらったほうは、ホームページのほうにも使おうと思っています。時間ができたら、やります。