大切で優秀な仲間が

広響 打楽器奏者・阿部智子さんと、ファゴット奏者・廣幡敦子さんが、今日のコンサートを最後に広響を去り、新たなステージへと進んで行きました。とても大切で優秀な仲間とお別れするのは、とてもとても寂しい思いです。 智子は8年、あっちゃんは4年、大切な時間を音楽と共に、またはビールやワインと共に、一緒に過ごせたことは、私の宝物です。今まで ありがとう!! 桜の咲く風景は、最高の美しさと儚さと、寂しさを全部ひっくるめていますね。。。だから人は こんなにも桜が愛おしいんでしょうね。 すみません。一人呑んでます。。。 オケの音は生き物です。広響では また新しい音作りが始まります。。。 智子と あっちゃんの未来に乾杯!今夜はハイボールです。

   写真1 オーケストラの日2018 広島交響楽団ふるさとシンフォニーin神石高原町の本番直後

写真2 昨日のアステールプラザ・オケ練にて

         写真3 同じくオケ練にて

         写真4 中央公園の桜 この道好きです

タグ: