ご挨拶が遅れましたが

年始のブログを書かないまま、早くも2月中旬になってしまいました。 ご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします! そして、私の誕生日に連絡をくださった皆さま、ありがとうございました。いくつになっても「おめでとう!」と声をかけてもらえるのは幸せです。気にかけてもらえているって事ですものね( ◠‿◠ ) 今年は また新しい自分に進化していきたいと思っています。昨日より今日の自分が より良くなること。感謝と謙虚な気持ちを忘れないで、人としてどうありたいかを見失わないこと。今の自分を未来の自分が恥じるような生き方をしないこと。。。 2018年は新年から素敵な出会いがありました。 1月9日は、デンマーク放送響のクラリネットとファゴットの方と共に木五を演奏しました。クラリネット奏者のペドロはデンマークで働くスペイン人。ダイナミックかつ繊細な素晴らしい演奏でした。ファゴットのドーテは、たくさんの経験と知識を活かしてアンサンブルをまとめ、今回のコンサート後の高校生の質問にも的確なコメントをする素敵な女性でした。ドーテの娘さんとウチの息子がが同じ年。そして娘さんはオーボエを勉強中だそうです。長い時間の正座も平気そうな彼女に なんで?と尋ねたら、合気道やってるから とのことでした。もちろんウチの息子の剣道の話にも興味がありそうでした。なんだか とてもご縁を感じました。必ずまた会いたいです! 翌日10日は、ウィーンフィル・コンマスのシュトイデさんとアクロス福岡シンフォニーホールでMusic for Peaceコンサートでした。数日前にテレビのニューイヤーコンサートでコンマスしてた方が今ここに⁉︎素晴らしいヴァイオリンに聴き惚れすぎました、数えるのも忘れるほどに。。。 それから、1月31日はファン感謝デー♡フルートのめぐみチャンが編集長で作り上げた広響新聞、音楽総監督の素晴らしいトークとアイディア、一人づつ消えてゆくハイドンの告別、お客様には楽しんでいただけたと思います。私も楽しかった!! 2月は、広響の2月生まれが集まっての呑み会・2月会。今年は参加者が少なめでした。一年に一回、フグ食べまーす。 12日は平和の夕べコンサート。Vnの巨匠ギドン・クレーメルさんと、彼が設立したクレメラータ・バルティカと共演。バルト三国の若く有能な弦楽器奏者の演奏に刺激を受けました!今回は弦楽器奏者しか来ないと聞いていたのですが、なんとオーボエ奏者が来られていたので急遽 曲を半分づつに(^ ^)ルカーシュとイルジーはプラハからのエキストラ奏者でした。陽気な人柄が 伸びやかな音楽表現に表れているようでした。( ◠‿◠ )