大手町のCOMONで、塩貝みつるさんと

大手町にあるCOMON小紋というお店は、ドイツ料理とドイツの生ビールが飲める 大好きなお店です。こちらのマスターご夫婦は、4,5年前までハンブルグで小紋というお店をやっておられました。ハンブルグで このお店に通っていた日本人は数知れず!

ブログを読んでくださっている方、是非いちど足を運んでみてください。素晴らしいお店ですよ。

で、昨日は、つい1年前までハンブルグに住んでいたVnの塩貝みつるサンが広響にゲストとして来られていて、「小紋が懐かしい!!」と話しておられたのでご一緒しました。

美味しいドイツ料理を お腹いっぱい食べながら、ハンブルグやドイツの話を た~~くさん聞けました。私が留学していた時、北ドイツ放送交響楽団を毎週聴きに行っていたのは ムジークハレ(上から3番目の写真)というホールで、当時はギュンター・ヴァントが首席指揮者でした

安い学生用チケット(500円くらい)を買って、巨大なホールの2階の、大きな柱と 座っているお客さんの間に、邪魔にならないように立ったまま聞いたりするのですが見渡す限り、柱のそばには学生が立っていたなぁ、演奏会の行われる日には、それこそ朝からわくわくしながら通っていました。

最後の写真は、ハンブルグに出来た新しいホール、エルプフィルハーモニー。

波をイメージした斬新なデザインは、超現代的ですがやはりハンブルグ的だなあと感心します。ムジークハレもハンブルグですが、エルプフィルハーモニーもハンブルグ。両方の要素がうまく混ざり合った町なんです、あ゛――、また行きたいなあ。

エルプフィルハーモニーは、今年の1月にオープンしたてのほやほやで、北ドイツ放送響の方々は、オープン前の過渡期のゆったりしたスケジュールから、今年になっていきなり1日3公演とかの過密スケジュールをこなさないといけないなんてこともあるそうで、身体を壊す人が出てきているとかいないとか。

塩貝さんは、もうそこで演奏した事があるそうです。やはり素晴らしいホールだと絶賛してました。あ゛ーー、北ドイツ放送響を聴いてみたい。

エルプフィルハーモニーでは、学生はどうやって聞くのかしら。塩貝さんに聞くのを忘れてしまった。