ディスカバリー明日本番

広響ディスカバリーコンサート、明日本番です。プログラムは、

武満徹:海へⅡ/同:弦楽の為のレクイエム/ブリテン:4つの海の間奏曲~休~モーツァルト:交響曲第39番K.543

プログラムの中でオーボエが登場するのは ブリテンだけ。ブリテンが、自分のオペラ「ピーター・グライムズ」の間奏曲をコンサート用に編んだもので、漁村を舞台に様々なシーンを表しています。

写真は、武満徹のソリストの森川久美ちゃんとハープ奏者高野麗音さんと一緒にカープ+広響のコラボTシャツを着て撮りました。

StartFragmentカープが優勝した翌日、この服で出かけたら、おせんべい焼いている おばぁチャンや、公園のサッカー少年や、エレベーター内で鼻歌で「それ行けカープ」歌っているおじさんなどから、色々声をかけられました。「それ、ベートーベン?」とか。(*^_^*)優勝セールでキャリーバッグを買いました。私の広響25周年も併せて、良い記念。

タグ: