シンフォニア・ヴァルソヴィア 本番

ポーランドのシンフォニア・ヴァルソヴィアの皆さんと広響メンバーがひとつのオーケストラになって、ショパンのピアノ協奏曲とベートーヴェンの第九を演奏しました。

2曲共、何度も何度も演奏したことがある曲なのですが、昨日は新しい扉が開かれたと感じられるように演奏できました。

本番を終えてみて、ヴァルソヴィアの皆さんはどう思ったのかな。

アダムや、アンジェイさんや、コンマスにも聞いてみたかったけど、打ち上げに行けなかったので聞けませんでした。とても残念。

本番の後に交わす意見は、私たちにとっては貴重なんですけどね。

そういえば、彼らはショパンはもう数えたりしないんだそうです。演奏会でやる回数があまりに多いので、全員完全に覚えちゃってるから。

アンジェイさんは、「Yukiも数えなくていいぞ、落ちたら合図出してやるから」なんて、ウインクしながら言うのでした。落ちてからでは遅いでしょ(笑)

とにかく今回、自分の音楽の引き出しに色々入れました。これが血となり肉となり、私の演奏を通じて広響のコンサートに反映され、また、私の生徒たちにもジワジワと届いていくんじゃないかと思います。

いつかポーランドにも行ってみたいな。夢はイッパイ、スポンサー大募集!(^◇^;)

タグ: