呉定期、そして修道サマーコンサート2016

広島交響楽団呉定期演奏会、終わりました。来てくださった方、ありがとうございました。

今回、クラリネットの橋本杏奈さんがソリストでウェーバーの協奏曲を演奏されましたが、小柄でキュートな印象からは想像ができないような、勇気さえ感じられる曲冒頭のフォルテと、全体を通してのダイナミックな音楽作り。 とても印象的でした。

先日のセリーヌに続いての管楽器奏者のソリスト。嬉しいです!どんどん管楽器のコンチェルトをプログラムに乗せてほしい!

演奏家としては、楽器が違っても毎回かなり参考になります。

そして本番の後は、修道高校のサマーコンサートを聴きに行って来ました。

私が ずっと教えているヤツらが、素敵なソロをいっぱい吹きました。

客席の私の左側には中学生らしき女子二人組、右側には高校生らしき女子二人組が座っていたのですが、

彼女らが、オーボエパートのソロが終わった途端、「ヤバイ!めっちゃキレイ!ステキ!カッコイイ♡」などとキャーキャー称賛の声をあげるのを聞きながら、まだまだだけどねと思いながらも、私もちょっとだけ鼻の穴をふくらませたのでした。

コンサートは、とても楽しかったです。 EndFragment